知らないと損をする!?別荘地の賢い選び方


目的に合わせて場所を選ぶ

別荘地として有名な場所には軽井沢や那須高原、伊豆や熱海など色々なエリアがありますが、別荘を建てる場所によって特徴が違ってきます。どのような目的で別荘を作りたいのか、何をしにその地に行くのかを考えてエリアを選ぶことが大切です。

夏の暑い時期に涼しい場所に行きたい、休むだけでなくレジャーやショッピングも楽しみたいときには軽井沢です。リゾートの定番としても知られる地域なので様々な施設があり、ショップやレストラン探しにも困りません。冬の寒い時期に温泉に入りたい、スキーも楽しみたいときには那須高原です。冬に楽しめるリゾート地の一つで、源泉も沢山あります。海を眺めたい、夏のイベントに参加したいのなら伊豆や熱海です。海へのアクセスがしやすく、夏には大規模な花火大会などが開催されます。

アクセスをチェックする

魅力的な別荘地を選んだとしてもアクセスが悪く、自宅からも行きづらい場所だと足が遠のいてしまう可能性があります。定期的に別荘に訪れることが出来るように、アクセスにも注目するようにしましょう。新幹線で行く場合は1時間に本数はどのぐらいあるのか、駅から近い場所にあるのかをチェックします。駅から遠い場合はバスはあるのか、車で行くことは出来るのか調べます。自宅から車で行くときには高速道路で行けるのか、山道でも整備されているのかを調べておくと安心です。また雪が積もる地域なら車で走ることが出来るのか、チェーンは必要なのか確認します。

八ヶ岳の別荘は、冬でも快適に過ごせる設備を整えているところが多いです。暖かい部屋から眺める雪景色が魅力です。