見落としがち!土地探しで意外と重要な条件


行事や祭事から得られる地域交流

近年、農業をしていた人たちが後継ぎがおらず、土地を売り出すことがあります。そのような土地は、代々住んでいる人たちの繋がりが深く、地域行事が多いこともしばしば。いわゆる、「昔ながらの風習が残る地域」とでも言いましょうか。地域によっては、お祭りはもちろんのこと、バレーボール大会やソフトボール大会、地域の運動会などの催しが多いものです。そして、なんとなく、強制参加のような雰囲気が漂います。新しく入ってきた人はそれをきっかけに、近隣の方々との仲を深められるのです。

子供がいる家庭は、これらの行事を通して、異年齢の友達も増えますし、親同士の交流にも繋がります。顔見知りが増えるのは、その地域で生活していく上で、安心感にも繋がります。土地を探している方は、是非、地域行事の特色についても目を向けてはどうでしょうか?

地域に根付く親族のつながり

上記に示した地域は、同じ家の親族が多く暮らす地域である場合も多いです。その地域の地図を確認して、同じ苗字の家が多くある場合、本家と分家の関係であるかもしれません。「あの家は誰々さんの娘さんが住んでいて、息子さんはこっちで」等、同じ地域で隣接しすぎずに家を持っていることもあるのです。

ということは、土地を探しているあなたにも、そのような繋がりがあるかもしれませんよ。実は祖母の生家がある地域であることが発覚したり、親のいとこが住んでいたり、普段から交流のある親族ではなくても、繋がりがあると分かれば、その地域になじみやすいものです。

一度、親族関係から土地を探してみるのも一つの手かもしれませんよ。

ランディの公式サイトはこちら